宮城のニュース

タイから帰国した男性、はしか発症 みやぎ生協八幡町店など訪れる

 仙台市は24日、市内の30代男性がはしかを発症したと発表した。男性はタイで感染したとみられ、8日に帰国後、発熱やせきを訴え、太白区の医療機関を受診。23日にはしかと分かった。この間に青葉区のローソン仙台瑞鳳店、みやぎ生協八幡町店、亘理町役場を訪れた。市と県が注意を呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月25日土曜日


先頭に戻る