宮城のニュース

<東日本大震災>ソフトバンクの復興支援 絆CUPにツール・ド・東北追加

 ソフトバンクは、東日本大震災の被災地で子どもたちのスポーツ・文化活動を支援する催し「東北絆CUP」の対象種目に、新たに自転車イベント「ツール・ド・東北2019」(河北新報社、ヤフー主催)を加え、参加者を募っている。
 参加者は、9月15日に宮城県沿岸で開かれるツール・ド・東北のコースのうち、石巻専修大を発着点に石巻市と女川町を周遊する「女川・雄勝フォンド」(65キロ)に、チームとして出場する。
 参加者には大会前、スマートフォンなどを用いたプロライダー須田晋太郎さんによる遠隔指導があり、大会当日は須田さんも一緒に走行する。
 対象は岩手、宮城、福島3県に住む中学生と保護者の2人1組か高校生の個人。定員40人。応募多数の場合は抽選。参加無料。申し込みは6月21日まで東北絆CUPのホームページで受け付ける。
 東北絆CUPは昨年7月にスタート。陸前高田市でバスケットボール、仙台市で野球と吹奏楽、福島県楢葉町と広野町でサッカーをそれぞれ開催し、中学生ら計約1000人が参加した。今年も7月以降、同様のイベントを予定している。


2019年05月25日土曜日


先頭に戻る