秋田のニュース

元農相、元防衛庁長官 野呂田芳成氏死去

 元自民党衆院議員で農林水産相や防衛庁長官を歴任した野呂田芳成(のろた・ほうせい、本名よしなり)氏が23日午後3時23分、ぼうこうがんのため東京都の病院で死去した。89歳。能代市出身。葬儀は近親者で行う。後日、東京と秋田県でお別れの会を開く。日程は未定。関係者によると、今月7日に体調を崩して入院していた。
 中大卒業後、旧建設省に入省し大臣官房文書課長などを務めた。1977年の参院選で秋田選挙区に立候補し初当選。衆院にくら替えして83年に旧秋田1区から当選、小選挙区導入後は秋田2区で当選を重ね、衆院議員を連続8期務めた。
 95年に農相、98年に防衛庁長官に就任。衆院予算委員長などを歴任した。
 自民党副幹事長など党の要職も務めたが、2005年の郵政民営化関連法案には党方針に造反して反対した。同年の衆院選は無所属で出馬。党公認の「刺客候補」を破り8選を果たしたが、党を除名され、無所属で活動した。
 09年衆院選に出馬せず、政界を引退した。


関連ページ: 秋田 社会

2019年05月25日土曜日


先頭に戻る