宮城のニュース

<楽天>逆転負け オリックスに1−4

 東北楽天は逆転負けを喫した。約2カ月ぶりの登板となった先発岸は六回まで2安打無失点と好投したが、七回、ロメロにソロを浴びた。1−1の八回には2番手の宋家豪が吉田正に2点打、ロメロに適時打を許して勝ち越された。
 打線は四回、浅村のソロで先制。六、七、八回には得点圏に走者を進めながらも、一打が出なかった。
 オリックスは先発成瀬が5回2/3で1失点と好投。救援陣も得点を与えなかった。

 東北楽天−オリックス11回戦(オリックス6勝4敗1分け、14時00分、楽天生命パーク宮城、27,980人)
オリックス000000130=4
東北楽天 000100000=1
▽勝 近藤18試合2勝2敗
▽S 増井20試合1敗14S
▽敗 宋家豪24試合1勝2敗
▽本塁打 浅村13号(1)(成瀬)ロメロ2号(1)(岸)

☆熱血平石語録

<エース復帰>
 「至っていつも通りだった。それがタカ(岸)らしい。まずは戻ってきてくれたことが一番だし、チームにとっても良かった」(岸が7回1失点と好投し)


2019年05月26日日曜日


先頭に戻る