宮城のニュース

クマに襲われ男性軽いけが 体長約1.5メートル 色麻・王城寺

 26日午前0時ごろ、宮城県色麻町王城寺の農業男性(72)が自宅敷地内でクマに襲われた。右腕や首、背中を爪で引っかかれ、軽いけがをした。
 現場は加美農高の南約1キロの水田地帯。加美署によると、男性は飼い犬の鳴き声を聞いて、外に様子を見に行ったところ、倉庫脇で体長約1.5メートルの成獣に出くわした。
 県によると、クマによる人身被害は本年度初で、出没件数は97件目(前年同期198件)。
 県自然保護課は「クマは倉庫に保管されていた米ぬかに寄ってきた可能性がある。タケノコや収穫されずに残った果樹を含め、クマを人里に引き寄せる物は速やかに除去してほしい」と呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月27日月曜日


先頭に戻る