宮城のニュース

<エスパル仙台>飲食店、来年の元日休業へ 働き方改革の一環

 仙台ターミナルビル(仙台市)は27日、エスパル仙台(青葉区)の飲食店について、来年から元日を休業日にすると発表した。従業員の働き方改革の一環として2、9月の全館休業日と合わせ、年休3日を確保する。
 元日休業は本館、東館、エスパルIIの3施設に入る約40店が対象。飲食以外のアパレルや雑貨店、土産物店はこれまでも元日は休業しており、一部のコンビニエンスストアやカフェを除いて全館休業となる。
 担当者は「元日の利用状況を見て影響が少ないと判断した。2日の初売りに万全を期したい」と話す。
 エスパル郡山(郡山市)の飲食店11店も2、6、9各月に交代で休業日を設定する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月28日火曜日


先頭に戻る