宮城のニュース

<仙台市交通局>ゆづ乗車券、余っちゃった… あすから追加販売

追加販売が決まったポストカード付き1日乗車券(仙台市交通局提供)

 仙台市交通局は27日、フィギュアスケート男子で五輪連覇した市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、宮城・東北高出=のポストカード付き地下鉄1日乗車券を29日から追加販売すると発表した。4月20日に市地下鉄5駅で直接販売し、抽選による通信販売も2回実施したが、まだ1万セット以上の在庫があり、急きょ追加販売を決めたという。
 乗車券には、特典として羽生選手が仙台伝統の絹織物「仙台平」を着たり、笑顔を見せたりする写真のポストカード3枚と、市内のゆかりの地を紹介するミニ観光ガイドが付く。価格は1セット1500円。
 市交通局は直接販売と通信販売で計4万8000セットを売り切る予定だった。4月20日は5駅に整理券を求めるファンの列ができたが、大量に在庫を抱える結果となった。
 市交通局の担当者は「直接販売はすごく並ぶと二の足を踏んだり、通信販売も抽選に漏れると諦めたりした人がいたと思う。『欲しい』という要望は多いので、販売機会を増やすことにした」と説明する。
 追加販売は6月4日まで。市地下鉄泉中央、勾当台公園など7駅と旭ケ丘バスターミナルの定期券発売所で取り扱う。各窓口とも完売次第、販売を終了する。
 31日〜6月2日は羽生選手のモニュメントがある市地下鉄東西線国際センター駅に臨時窓口を設ける。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月28日火曜日


先頭に戻る