秋田のニュース

<金足農高>ローソンとコラボ商品 知事にPR きょう先行販売

佐竹知事(左)に商品の説明をする金足農高の生徒ら=秋田県庁

 金足農高(秋田市)とローソン(東京)は28日、共同開発したパンケーキとクロワッサンを秋田県内のローソンで先行販売する。昨年夏の甲子園で野球部が準優勝した「金農フィーバー」によって、両者のコラボレーション商品が注目されたことを踏まえ、6月4日に東北各地の店舗でも販売を始める。
 「金農パンケーキ〜ブルーベリー&ホイップクリーム〜」は、金農野球部が準優勝した昨年8月下旬から完売が続いた「金農パンケーキ」の新製品。秋田産あきたこまちで作った米粉や県内産のブルーベリーを使っている。「金農塩レモンクロワッサン」はあきたこまちの米粉に男鹿産の塩を混ぜて仕上げた。
 共同開発に携わった2、3年生7人が28日、県庁で佐竹敬久知事に商品をアピールした。
 クロワッサンを担当した生物資源科2年佐藤友耶さん(17)は「商品化されてうれしい。甘過ぎず、口当たりがいいと思う」と語った。試食した佐竹知事は「本当においしい」と笑顔を見せた。
 価格は両商品とも145円。ほかにも6商品を用意し、7月以降順次発売する。金農とローソンのコラボ商品開発は8年目になる。


関連ページ: 秋田 経済

2019年05月28日火曜日


先頭に戻る