山形のニュース

酒気帯び運転で事故、最上町職員を懲戒免職

 山形県最上町は28日、酒気帯び運転で自損事故を起こしたとして建設課の男性主任(29)を懲戒免職処分にした。上司の建設課長も戒告とした。町によると、男性は4月19日未明、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、同町法田の県道脇に転落する事故を起こした。


関連ページ: 山形 社会

2019年05月29日水曜日


先頭に戻る