福島のニュース

<東京五輪・パラ>福島市が五輪仕様のラッピングバスと公用車お披露目

五輪仕様にラッピングが施されたバス

 2020年東京五輪・パラリンピックで野球・ソフトボール競技が開催される福島市は29日、競技会場をPRする五輪仕様のバスと公用車をお披露目した。
 公開されたのはラッピングを施した市の公用バスと福島交通(福島市)の路線バス各1台、車体にマグネットシールを貼った公用の乗用車1台。
 ラッピングは青とピンクを基調に、東京五輪・パラリンピックのマスコットキャラクターをデザイン。公用バスは20日に運行を開始し、路線バスは29日に市内を走り始めた。マグネットシールは公用車100台分計200枚を用意した。
 市役所でのお披露目式で木幡浩市長は「福島での野球・ソフトボール開催が注目を浴びている。バスを走らせ、さらに五輪ムードを高めたい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2019年05月29日水曜日


先頭に戻る