宮城のニュース

高齢化団地に快適な足 仙台・寺岡でEVバス実証始まる

EVバスに試乗する住民ら
EVバスに試乗する住民ら

 電気自動車(EV)の低速小型バスを使った実証実験と試乗体験会が29日、仙台市泉区の泉パークタウンであり、報道関係者に公開された。6月7日までの実証実験で、高齢化が特に進む寺岡地区を巡回し、導入の課題や有効性を探る。
 2020年度の運行サービス開始と、将来の自動運転化を見据えた取り組みの一環。東北大や自治体、企業でつくる産学官組織「東北次世代移動体システム技術実証コンソーシアム」が実施した。
 EVバスは定員10人。高齢化率が約40%の寺岡地区で、寺岡4丁目の商業施設を発着点に、4〜5丁目の住宅街の公道約2キロを時速20キロ未満で走った。走行位置や、乗り継ぎを想定した路線バスの出発時刻を車内の画面に表示。車外にセンサーを取り付け、道路などの3次元情報を集める。
 試乗した寺岡地区の主婦高橋和江さん(64)は「乗り心地が快適だった。自宅の玄関前から乗れるようにしたり、地域を細かく回ったりすれば、足の悪い方や高齢者も利用しやすいのではないか」と期待した。
 27日始まった実証実験は平日1日5便を運行。27〜29日で計約50人が試乗した。コンソーシアム事務局長の鈴木高宏・東北大未来科学技術共同研究センター教授は「高齢者だけでなく、若者や子育て世代を含めた多様な人々に利用される持続的なサービスにするため、住民も参加できる運用体制に近づけたい」と話す。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月30日木曜日


先頭に戻る