宮城のニュース

気仙沼市、人身事故を起こした2職員懲戒処分

 宮城県気仙沼市は29日、人身事故を起こしたとして、気仙沼市立病院の20代女性職員を減給10%(3カ月)、子ども家庭課の30代の女性職員を戒告の懲戒処分にしたと発表した。市によると、病院職員は昨年10月2日、気仙沼市本吉町の農道で軽自動車を運転中、対向車線にはみ出して軽自動車と正面衝突、20代の男性にけがを負わせ、罰金などの処分を受けた。子ども家庭課の職員は昨年7月24日、同市松岩地区の県道で乗用車を運転中に軽自動車に追突、70代女性と同乗の10代男性にけがをさせた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月30日木曜日


先頭に戻る