宮城のニュース

おおさき婚活センター休止 大崎市が委託会社と契約解除

活動を休止したおおさき婚活支援センターの事務所=大崎市古川

 宮城県大崎市による婚活支援組織「おおさき婚活支援センター」が、委託する運営会社側の事情で業務を休止したことが30日、分かった。会社側から申し出を受けて市は契約を解除し、再開に向けた検討を始めた。
 センターは男女の出会いの場を提供し、定住人口を増やす目的から2015年9月開設。市内の広告デザイン会社が受託し、個別相談への対応や婚活セミナー、イベントの開催を担ってきた。19年度の契約金は1479万6000円。
 市は今月8日、センターの職員から「代表と連絡が取れずイベント業務が滞っている」と相談を受けた。運営に支障が生じたため10日以降、同市古川駅前大通にある事務所「マリサポ」の活動を休止。17日、代表が市役所を訪れ、会社側の事情を理由として「契約を解除してほしい」と申し出たため、22日に解除した。
 18年5月時点でセンターに登録する会員は男性156人、女性85人。市は会員に休止の経緯を説明した。会社側との運営委託料を精算し、違約金を請求する一方、新たな委託先を探すなど再開を模索する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年05月31日金曜日


先頭に戻る