宮城のニュース

仙台の傷害事件は男性の自作自演 「仕事つらかった」

 仙台市太白区長町の路上で29日夜、近くに住む会社員男性(51)が何者かに刺されたとみられる事件は、男性の自作自演だったことが30日、仙台南署の調べで分かった。同署は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで、男性を調べる。
 同署によると、男性は「自分でやった。仕事がつらかった」と話しているという。
 29日午後10時半ごろ、男性の妻から「帰宅した夫が胸を刺されている」と110番があった。男性宅の近くにある長町小では30日午前7時ごろから教諭らが周辺を巡回。下校時は保護者に迎えに来てもらい児童を引き渡した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月31日金曜日


先頭に戻る