宮城のニュース

<みやぎサーモン>「戦国BASARA」政宗と小十郎がPR 生協59店舗に見参

戦国BASARAの政宗と小十郎を起用し、みやぎサーモンをPRするポスター

 宮城県漁協などでつくるみやぎ銀ざけ振興協議会は、県産養殖ギンザケ「みやぎサーモン」のPRキャラクターに人気ゲーム「戦国BASARA」に登場する仙台藩祖伊達政宗と家臣片倉小十郎を起用した。みやぎサーモンを取り扱うみやぎ生協59店舗の売り場で1日、政宗と小十郎のポスターとのぼりを掲げてPRを始める。

 ポスター、のぼりは3種類作った。一つは英語表記で、ゲームでの政宗の決めぜりふが入っている。協議会は2020年東京五輪を見据え、海外でも人気の高い戦国BASARAのキャラクターを採用した。実施期間は21年4月中旬までを予定している。
 みやぎサーモンは17年、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する国の「地理的表示(GI)保護制度」に県内で初めて登録された。今シーズンは3000トンの水揚げを予定。
 みやぎ生協で扱うみやぎサーモンは全て県産飼料用米を餌に使用。生切り身100グラム258円(税抜き)で販売する。店舗商品本部商務の佐藤竜太郎さん(41)は「魚離れが進むが、人気キャラクターを通じて、若い人や海外の人に食べてもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年06月01日土曜日


先頭に戻る