宮城のニュース

<ベガルタ>シュミット、声出しで守備修正支える

GKシュミット・ダニエル選手

 シュミットが守備の修正を声で支える。前節の清水戦は今季最多の4失点を喫し、複数失点で2連敗。「自分のコーチングで少しでも手助けしたい」と意気込む。これまで、後方からの声出しは「仲間にポジティブに思っていてほしいので、あまり言いたくない」と苦手としてきた。だが、チームの復調に向け「この殻を破るのが課題」と改善を目指す。
 成長の先に見据えるのが日本代表としての活躍。9日には宮城スタジアム(宮城県利府町)でエルサルバドルとの国際親善試合が控える。「名古屋に勝つか負けるかで向かう気持ちは全然違う」。強力な攻撃陣を封じ、地元で初めて迎える代表戦に弾みをつける。


2019年06月01日土曜日


先頭に戻る