山形のニュース

ダム湖へバスでザブン 山形・長井で周遊ツアー始まる

水しぶきを上げてダム湖に入る水陸両用バス

 山形県長井市の「ながい百秋湖」(長井ダム湖)で31日、水陸両用バスによる周遊ツアーが始まり、参加者は緑に覆われた初夏のダム湖を湖上からゆったりと楽しんだ。
 ツアーは、昨年初めて行われた3日間の試験運行を大幅に拡大。道の駅「川のみなと長井」を発着点に片道10キロの陸路と1.25キロの水路を往復する。参加者25人を乗せた第1便が午前9時半に出発し、この日は計4便運行した。
 7月28日までの毎週金、土、日と祝日に運行される。秋には屋形船のツアーも計20日間程度実施予定で、市は来年度以降、本格実施するかどうか検討する。
 連絡先は、やまがたアルカディア観光局0238(88)1831。


関連ページ: 山形 経済

2019年06月01日土曜日


先頭に戻る