宮城のニュース

<聖火リレー>「みんな参加を」 ランナー募集 サンドらPR

2020年東京五輪聖火リレーのルート概要などの発表イベントで、写真に納まる公式アンバサダーの野村さん(右から5人目)ら=1日午後、東京都港区

 東京都内で1日開催された東京五輪聖火リレーのイベントでは、ルート概要に加え、聖火リレー公式アンバサダーを務める仙台市出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」(伊達みきおさん、富沢たけしさん)らが、ランナーのユニホームを発表、今月始まる募集条件などを説明した。
 5人のアンバサダーは、駅伝のたすきをイメージし、赤い太い線が斜めに走るデザインのユニホームを着て登場。「着心地がいい」(伊達さん)「軽くて、着ていない感じ」(富沢さん)などとアピールした。
 聖火リレーについて、伊達さんは「一生に一度の大きなお祭り。復興五輪としても盛り上げたい」と話し、富沢さんは「聖火リレーなら、われわれも出られる。ぜひみんなに参加してほしい」と、多くの人の応募を呼び掛けた。
 ほかのアンバサダー3人もPR。柔道男子五輪3連覇の野村忠宏さんは「五輪の盛り上がりは聖火リレーから始まる」と強調。パラリンピック射撃3大会出場の田口亜希さんは「障がいのあるなしにかかわらず、みんなの心をつないでいきたい」と意気込んだ。女優の石原さとみさんも「一人一人が楽しみ、心のレガシーを残していければいい」と期待を寄せた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月02日日曜日


先頭に戻る