宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>宮本、存在感増す 高卒2年目ドリブラー「早く点決めたい」

パス練習で切れのある動きを見せる宮本(中央)

 宮本の存在感が増している。5月26日のリーグカップ千葉戦で初のフル出場を果たし、主力に定着しつつある。高卒2年目のドリブラーは「走り切る力を付けて、早く点を決めたい」と張り切る。
 30日の紅白戦。中央でのドリブル突破に始まり、守備ラインの裏へ抜ける動きも光った。サイドに張ってもよし、中央へ切れ込んでもよし。浜田との連係から何度もゴールを脅かした。辛島監督は「どんどんトライしてほしい。彼女の成長がチームを活性化させている」と評価する。
 兵庫・日ノ本学園高時代にサイドハーフの経験はあるが、得意ではなかった。「360度動けるワントップと違って逃げ道がない」。ただ、最近になって考えが変わった。「視野が狭まった分、次のプレーを想像しながら動ける」。得意のドリブルも生きてチームにリズムをもたらしている。
 小気味よいドリブルで駆け抜けると赤いヘアバンドがひときわ目立つ。派手な色が好みで、10本以上所有している。「締め付けが良く落ち着く。気合も入る。赤なら目立つ」。トレードマークのヘアバンドに負けず、チームの顔になろうと必死になっている。(剣持雄治)


2019年06月02日日曜日


先頭に戻る