秋田のニュース

横手の小屋で砲弾のような物発見、回収

 1日午前8時半ごろ、秋田県横手市雄物川町の70代男性が近くに住む親族が所有する小屋の中から砲弾のような物を見つけた。通報を受けた横手署員が爆発の危険性がないことを確認してから回収した。同署によると、砲弾のような物は全長46.5センチ、直径9センチ。小屋は30年以上使われていなかったという。


関連ページ: 秋田 社会

2019年06月02日日曜日


先頭に戻る