宮城のニュース

<全国広報コンクール>「一枚写真部」 宮城・涌谷町、初の部門最高賞 輓馬大会迫力伝える

特選に輝いた「広報わくや」を掲げる金野さん

 自治体の広報活動の企画力や表現力を競う本年度の全国広報コンクール(日本広報協会主催)広報写真「一枚写真部」で、宮城県涌谷町発行の「広報わくや」が同部門の最高賞に当たる特選(総務大臣賞)に選ばれた。同町が同コンクールで最高賞を受賞するのは初めて。
 受賞したのは、2018年4月に町であった春の恒例行事「第68回東北輓馬(ばんば)競技大会」の写真。城山公園に咲く満開の桜を背景に、人馬一体で力強く障害の坂を乗り越える瞬間をカメラに収めた。18年5月号の表紙を飾り、全国から同部門に応募のあった57点の頂点に立った。
 撮影した町企画財政課主任の金野暁さん(36)は「町自慢の行事の魅力と迫力を1枚で表現できた」と出来栄えに満足げ。1月に町が「財政非常事態」を宣言するなど「暗いニュースが続いた中、町内外に明るい話題が伝わればうれしい」と話す。
 表彰式は今月7日、北九州市で行われる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月03日月曜日


先頭に戻る