宮城のニュース

<楽天>青山、150ホールド達成「今後も積み重ねていきたい」

青山浩二投手

 東北楽天の3番手青山が、3−1の七回1死満塁の危機を併殺打で切り抜けた。「最低でも犠飛に抑えたかったが、最高の形になった」と笑みを浮かべた。
 内川に対し、1ボール2ストライクから「狙い通り」の外角スライダーを投じた。三塁への併殺打となり、ガッツポーズをして雄たけびを上げた。「自分と捕手の堀内を信じて投げた」と満足そうに語った。
 この見事な火消しで、史上6人目の150ホールドを達成した。「(到達するのが)少し遅かったかも。でも節目なのでうれしい。今後も積み重ねていきたい」と謙虚に喜んだ。


2019年06月03日月曜日


先頭に戻る