宮城のニュース

<楽天>美馬快投4勝目 5回まで走者許さず

7回途中1失点で4勝目を挙げた東北楽天・美馬

 「勝って交流戦に入りたい」。決意を持ってマウンドに上がった東北楽天先発の美馬が、五回まで一人の走者も許さない快投で首位攻防戦3連勝に貢献した。
 右打者6人が並ぶ相手打線に対し、立ち上がりから直球やシュートで内角を攻めた。追い込んでから三振を狙うフォークボールもさえた。
 六回1死から甲斐に変化球を捉えられ左越えソロを浴びたが、最少失点で切り抜けた。
 惜しまれるのは七回の投球。先頭グラシアルを三塁今江の失策で出塁を許した後、デスパイネに左前打、松田宣には死球を与え無死満塁を招いて降板した。2番手高梨と3番手青山の好救援で無失点に終わったものの、「七回途中で降板してしまい申し訳ない。味方がエラーした後を抑えていかないといけない」と悔しさをにじませた。
 平石監督は「野手のミスもあって最後はピンチを招き、本人は悔しかったと思うが、本当にいい投球をしてくれた」と評価した。
 ソフトバンクに3タテを食らわし、リーグ単独首位という最高の形で4日からの交流戦を迎える。指揮官は「普段は戦わない相手なので、しっかり準備して入りたい」とセ・リーグとの戦いを見据えた。(丹野大)


2019年06月03日月曜日


先頭に戻る