宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに3連勝 首位で交流戦へ

 東北楽天は序盤のリードを守り3連勝。
 先発美馬は七回途中1失点で4勝目を挙げた。六回に甲斐に左越えソロを浴びたが3安打に抑えた。その後は4投手の継投で反撃を断った。打線は一回、茂木の先頭打者本塁打で先制。二回には堀内の2点二塁打で追加点を奪った。九回は浅村の右犠飛で1点を加えた。
 ソフトバンクは3連敗で3位に後退した。

ソフトバンク−東北楽天11回戦
(東北楽天7勝4敗、13時00分、ヤフオクドーム、38,142人)
東北楽天  120000001=4
ソフトバンク000001000=1
▽勝 美馬10試合4勝3敗  
▽S 松井28試合1勝1敗16S 
▽敗 スアレス3試合2敗   
▽本塁打 茂木6号(1)(スアレス)甲斐5号(1)(美馬)

☆イヌワシろっかーるーむ

<茂木栄五郎内野手(一回に右中間へ先頭打者本塁打)>
 「打ったのは直球。(先発スアレスは)直球が速いので遅れないようにと思っていた。しっかり捉えることができた」

<島内、左膝負傷し欠場>
 東北楽天の島内が左膝の負傷で欠場した。1日のソフトバンク戦の、九回の守備で痛めた。試合前には打撃練習を行い、ベンチ入りメンバーにも入ったが出場機会はなし。島内は「全然、問題ないです」と話した。石井ゼネラルマネジャーは、3日に仙台市内の病院で検査を受けると説明し「大事を取って。とりあえず何かあったら困るので」と話した。


2019年06月03日月曜日


先頭に戻る