宮城のニュース

<楽天>堀内、攻守に躍動 強気の内角攻めを要求、先発美馬の4勝目をお膳立て

堀内謙伍捕手

 東北楽天の堀内が貴重な2点二塁打と好リードで勝利に貢献。「戦力として認められるように必死に頑張った。いい形で交流戦に入れる」と声を弾ませた。
 二回2死二、三塁、先発スアレスの落ちる変化球をすくい上げ、右翼線への2点二塁打とした。「甘い球が来たら、どんどん振ろうと決めていた」と殊勲の一打を笑顔で振り返った。
 守備では強気の内角攻めを要求し、先発美馬の今季4勝目をお膳立て。八回2死一塁では盗塁刺で反撃の芽を摘んだ。平石監督は「堂々と戦っている姿がいい」とたたえた。


2019年06月03日月曜日


先頭に戻る