宮城のニュース

<宮城県高校総体>福山(東北)連覇 少林寺拳法女子単独演武

女子単独演武と組演武を制した福山

 第68回宮城県高校総合体育大会は主会期第2日の2日、県内各地で27競技が行われた。少林寺拳法の女子単独演武は福山莉玖(東北)が2連覇を果たした。

<磨いた表現力、結実>
 少林寺拳法女子単独演武は、2年の福山(東北)が2連覇を果たした。身長148センチと小柄ながら、ダイナミックな動きで圧倒した。
 全国レベルの競技者の映像を参考に、表現力を磨いた成果が出た。「動きを大きく見せるための踏み込みや踏ん張りが大切。覚え込んで実践できた」と胸を張った。
 4月からコンビを組む3年の志賀と出場した組演武でも優勝。「組演武ならではの新しい発見もあり、改めてこの競技が楽しいと思った」と表情を崩した。


2019年06月03日月曜日


先頭に戻る