岩手のニュース

サケ中骨缶復活へ 震災で製造休止「浜のお母さん」奮起 岩手・田野畑村

 岩手県田野畑村漁協の浜岩泉浦女性部が7月、「鮭(さけ)の中骨水煮缶詰」の販売を本格再開する。東日本大震災で作業場が全壊して製造休止に追い込まれたが、地域を盛り上げようと「浜のお母さん」が奮起した。
 中骨缶詰の製造が始まったのは1987年。地元に水揚げされたサケを有効利用するのが目的だった。栄養価が高く、健康ブームに乗ってサケ加工食品の代表格に成長していた。
 1缶180グラム入りで350円となる見込み。連絡先は田野畑村漁協浜岩泉浦女性部0194(33)2115。


関連ページ: 岩手 経済

2019年06月03日月曜日


先頭に戻る