宮城のニュース

<塩釜市長選>現職の佐藤氏 5選出馬表明

 任期満了に伴う塩釜市長選(8月25日告示、9月1日投開票)で、現職の佐藤昭氏(77)は3日、市内で記者会見し、5選を目指し無所属で立候補することを正式に表明した。同市長選で立候補を表明したのは、佐藤氏が初めて。
 佐藤氏は東日本大震災からの復興や風評被害に触れ「まだ解決すべき問題、課題がある。もう1期取り組み、解決するか一定の方向性を示したい」と述べた。
 優先する取り組みに人口減少対策や福祉充実、水産や水産加工といった基幹産業の復興などを挙げた。市立病院の在り方も大きな課題とした。
 予想される多選、高齢批判については「現場主義で一生懸命やってきた。元気が続く限り頑張りたい」と自らの行動で払拭(ふっしょく)する考えを強調。経済関係者らの要請を受け決断した経緯を振り返り「当選したらこれ(5期目)が最後になると思う」と語った。
 佐藤氏は塩釜市出身、日大卒。県土木部次長、港湾局長を経て2003年の市長選で初当選した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年06月04日火曜日


先頭に戻る