宮城のニュース

<石巻・災害公営住宅>家賃滞納で明け渡し求め 市、入居者を提訴へ

 石巻市は3日、東日本大震災の災害公営住宅で家賃と駐車場使用料を長期間滞納した入居者2人に対し、住居明け渡しと滞納金の支払いを求め、仙台地裁石巻支部に提訴する方針を明らかにした。市によると、災害公営住宅の明け渡しを求めて訴えを起こすのは初めて。
 滞納しているのは、市営三ツ股第2復興住宅に住む男性と、市営あけぼの北復興住宅に住む女性。男性は27カ月間、家賃と駐車場使用料計91万8300円を滞納。女性は41カ月間、計136万1500円を支払っていない。
 市は、それぞれ3回にわたって文書で明け渡しを求めたが、応答がなかったという。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年06月04日火曜日


先頭に戻る