宮城のニュース

<ボクシング>女子フライ級王者藤岡 来月防衛戦

天海(左)との防衛戦に臨むと発表したWBA女子フライ級王者の藤岡

 世界ボクシング協会(WBA)女子フライ級王者の藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則、大崎市出身)が7月12日に東京・後楽園ホールで、世界ボクシング機構(WBO)女子ライトフライ級王者の天海ツナミ(山木)と対戦することが3日発表された。藤岡の持つタイトルを懸けた試合となる。
 男女を通じ日本選手初の世界5階級制覇を達成した43歳の藤岡は「国内で組める最高のカード。期待以上の試合ができるよう仕上げる」と意気込み、34歳の天海は「いつか対戦すると思っていた。自分のスタイルを極めて臨みたい」と話した。


2019年06月04日火曜日


先頭に戻る