岩手のニュース

<三陸鉄道>田野畑駅に南部風鈴 京都・叡山電鉄の企画と連携

三鉄田野畑駅で涼しげな音色を響かせる南部風鈴

 岩手県などが出資する第三セクター三陸鉄道(岩手県宮古市)の田野畑駅に南部風鈴40個が飾り付けられ、涼しげな音色が利用客を楽しませている。東日本大震災の被災地を応援する叡山(えいざん)電鉄(京都市)の恒例企画と連携した。9月30日まで。
 叡電は2013年から毎年6〜9月、震災復興を願って鞍馬駅に岩手名産の南部風鈴を飾り付けている。鞍馬の寺で育った源義経が平泉(岩手県)で最期を遂げた縁にちなんでいる。
 田野畑駅で潮風を受けて響く夏の調べには、三鉄から叡電への感謝の思いが込められている。


関連ページ: 岩手 社会

2019年06月04日火曜日


先頭に戻る