福島のニュース

黒板アートで日本一 会津学鳳高・美術部

「日本一」の作品の前で受賞を喜ぶ生徒と関係者=4日、会津若松市の会津学鳳高

 全国の中高生を対象に募集した「黒板アート甲子園2019」で、会津若松市の会津学鳳高美術部の作品「おせち料理」が高校の部の最優秀賞を受賞した。
 縦110センチ、横330センチの黒板いっぱいにチョークで描いた。いずれも2年の長谷川藍さん(17)、猪俣くるみさん(16)、佐藤有(あり)珠(す)さん(16)、鈴木胡桃(くるみ)さん(16)、佐藤広(こう)大(た)さん(16)の5人が3月の春休みに1日当たり7時間、計10日間で完成させた。
 タイの焼き物、煮しめなど本物そっくりの質感と色合い、香りや味も伝わるような丁寧な描写力が評価された。


関連ページ: 福島 文化・暮らし

2019年06月04日火曜日


先頭に戻る