宮城のニュース

リユース品買って子ども支援 オンワードと藤崎が限定ショップオープン

客から引き取った衣料品を1万円以下で売り出すリユースパーク

 藤崎とアパレル大手オンワードホールディングス(東京)は5日、客から引き取った商品を再販売する期間限定ショップ「オンワード・リユースパーク」を仙台市青葉区の藤崎一番町館3階にオープンさせた。10日まで。
 全国のオンワードブランドの店を通じて集めた約5000点を1万円以下のチャリティー価格で販売。収益金の一部を宮城県の「東日本大震災みやぎこども育英基金」に寄付する。
 藤崎での初開催だった昨年は100万円の寄付につながった。オンワードの担当者は「子どもの支援につながるのでぜひ参加してほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年06月05日水曜日


先頭に戻る