宮城のニュース

<楽天>逃げ切れず 連勝3で止まる

 東北楽天は逃げ切れず、連勝が3で止まった。2−1の九回、4番手松井がビヤヌエバに逆転の2ランを浴びた。
 先発塩見は7回1失点、10奪三振の好投が実らなかった。打線は0−1の五回、ブラッシュの17号ソロで同点。八回は浅村の左越えソロで勝ち越したが、九回は無死一、二塁を生かせなかった。
 巨人は3連勝。4番手の田原が今季初勝利を挙げた。

 東北楽天−巨人1回戦(巨人1勝、18時00分、楽天生命パーク宮城、26,334人)
巨  人000010002=3
東北楽天000010010=2
▽勝 田原17試合1勝1敗
▽S 中川24試合2勝5S
▽敗 松井29試合1勝2敗16S
▽本塁打 陽岱鋼3号(1)(塩見)ブラッシュ17号(1)(今村)浅村14号(1)(高木)ビヤヌエバ7号(2)(松井)

☆熱血平石語録

<ミスを生かして>
 「何とかいいスタートを切ろうとして空回りしたのだろう。どういうタイミングでスタートするかを冷静に考えないといけない。今後に生かしてほしい」(九回無死一、二塁でけん制死となり、「最悪のプレーだった」と落ち込む二走の小郷に)


2019年06月05日水曜日


先頭に戻る