宮城のニュース

<楽天>浅村、一時勝ち越しの14号ソロ「打った瞬間に『入ったな』」

浅村栄斗

 東北楽天の浅村が1−1の八回、一時勝ち越しとなる14号ソロを放った。「変化球を狙っていた。打った瞬間に『入ったな』と思った」と振り返った。
 2死走者なしで打席へ。巨人3番手の高木が投じた125キロのチェンジアップを捉えると、打球は左翼席に吸い込まれていった。
 主砲の一発でいったんは勝利を引き寄せたかに見えたが、チームはまさかの逆転負け。浅村は「負けたから(本塁打を)喜べない。勝つためにやっているからね」と語った。


2019年06月05日水曜日


先頭に戻る