宮城のニュース

<ベガルタ>ベルギー1部シントトロイデンがシュミット獲得意思

シュミット・ダニエル

 J1仙台のGKシュミット・ダニエル(27)=197センチ、90キロ=にベルギー1部・シントトロイデンから獲得のオファーが届いていることが4日、分かった。仙台は正GKとして必要な戦力として慰留に努める。
 シュミットは米国出身、仙台市育ち。宮城・東北学院高、中大でプレーし、2014年に仙台に加入。今季は開幕から14試合連続でフル出場し、長身を生かした守備範囲の広さと足元の高い技術でチームの攻守を支える。日本代表にも選出され、これまで2試合に出場。5日に愛知、9日に宮城の両県で行われる国際親善試合に臨む。
 今季の仙台は現在リーグ戦で降格圏内の16位と不振。GK陣も関憲太郎(33)が負傷離脱するなど選手層が薄い。仙台の関係者は「クラブとして出すつもりはない。慰留のために本人を説得する方針」と強調。クラブ間の協議やシュミットの意向確認が必要で、まだ結論は出ていないという。
 シントトロイデンはDF富安、MF鎌田ら日本代表を含む日本人5人が在籍。今季は1部リーグで16チーム中7位だった。


2019年06月05日水曜日


先頭に戻る