宮城のニュース

<ベガルタ>中はタコ?実は牛タン ダブルチーズベガッ太んボール/スタジアムグルメ

利久とベガッ太がコラボした「ダブルチーズベガッ太んボール」

 ユアスタ仙台の2大スターがタッグを組んだ。チームマスコットのベガッ太と名物グルメの牛タン。1日の名古屋戦からお目見えした「ダブルチーズベガッ太んボール」(600円)は、たこ焼きっぽい見た目の中に人気者同士の魅力が存分に詰まっている。
 ベガッ太が商品開発に参加したというから、期待と不安?が入り交じる。一口かじると、びっくり。揚げて外はかりっ、中はとろっとした丸い生地から顔を出すのは、タコではなく角切りの牛タン。いたずら好きなベガッ太らしい、うれしいドッキリに顔がほころぶ。上にかかったチェダーとホワイトの2種のチーズでまろやかさを堪能したところで突然、黒こしょうの辛みが顔を出す。ベガッ太にまた驚かされた。
 販売するのは牛タンチェーンの利久(岩沼市)。ユアスタ仙台に長く出店し、牛タンの炭火焼きなどでサポーターの舌を楽しませている。今季からベガッ太とのコラボに乗りだし、牛タンメンチカツカレーに続く第2弾となる。
 ベガッ太は「とろーりチーズがまいうー」と太鼓判を押す。「今なら1000円だせば、なんと!400円もお釣りが来ちゃうよ」ともPR。「当たり前でしょ」と突っ込みたくなる。
 佐藤優介店長(24)は「ベガッ太と相乗効果が生まれ、人気商品になってほしい」と期待し、今後もコラボ商品の開発を予定しているという。次はどんなおいしいいたずらを仕掛けるのか。ベガッ太のたくらみから目が離せない。


2019年06月05日水曜日


先頭に戻る