秋田のニュース

グレイシーハンター桜庭和志が格闘技イベント旗揚げ 秋田知事表敬

佐竹知事(手前)と格闘技の話題を交わし、笑顔を見せる桜庭さん(左)

 潟上市出身のプロレスラーで格闘家の桜庭和志さん(49)が4日、秋田県庁に佐竹敬久知事を表敬訪問した。自らが旗揚げした格闘技イベント「クインテット」の活動などを報告した。
 クインテットは打撃を禁止し、絞め技や関節技などで戦う「グラップリングルール」の格闘技。5対5のチームで勝ち抜き戦を行う。桜庭さんのプロデビュー25周年となる2018年春にスタートさせた。
 桜庭さんは「団体戦の面白さや関節技の魅力を伝えたい。秋田でも広まればうれしい」と話した。佐竹知事から県スポーツ大使を務めてほしいと要請されると、「(イベントなどに)来た人全員に関節決めていいですか?」と応じ、笑いを誘った。


関連ページ: 秋田 社会

2019年06月05日水曜日


先頭に戻る