宮城のニュース

宮城・村田のソラマメ全国へ ゆうパックの発送始まる

ソラマメを積んだ軽貨物車を見送る関係者

 宮城県内有数のソラマメ生産地の村田町で5日、ゆうパックの全国発送が始まった。道の駅村田で出発式があり、生産者ら約10人が2キロ入りの約170箱を積んだ軽貨物車を見送った。
 ゆうパックは今月中旬までに計1200箱を出荷する予定。同町では約70の農家がソラマメを栽培しており、今年の収穫量は約50トンを見込む。
 道の駅村田では7〜9日、恒例の即売会「ドレミファそら豆まつり」が開かれる。ソラマメの箱売りのほか、袋詰め放題や炭火焼きの試食といったイベントがある。「そら豆づくし御膳」(1600円)も1日15食限定で販売される。
 16日は生産農家の畑で収穫体験イベントがある。収穫したソラマメは1キロ当たり600円と割安で購入できる。連絡先はみやぎグリーン・ツーリズム推進協議会事務局022(797)8175。


関連ページ: 宮城 経済

2019年06月06日木曜日


先頭に戻る