岩手のニュース

「飲みやすい」「ラベルかわいい」 ブルーベリー原料の地ワイン「ルルとリリ」好評 岩手・岩手町

岩手町産ブルーベリーを使った地ワイン「ルルとリリ」

 岩手県岩手町の道の駅「石神の丘」で販売している地ワイン「ルルとリリ」が好評を博している。初回製造分2300本は発売から2カ月で完売し、3000本の追加販売が始まった。
 地元で栽培したブルーベリーが原料のフルーツワインで、町の第三セクター岩手町ふるさと振興公社が開発した。1本360ミリリットルで1520円。
 「飲みやすい」「ラベルもかわいい」と評判を呼び、4月中旬に完売した直後から再販を望む声が寄せられていた。ふるさと振興公社は「贈答品やお土産としても喜ばれると思う」とPRする。
 道の駅の産直コーナーは午前9時〜午後6時半。7月以降は県外やインターネットでも販売する。連絡先は道の駅「石神の丘」0195(61)1600。


関連ページ: 岩手 経済

2019年06月06日木曜日


先頭に戻る