岩手のニュース

美味の渦に吸い込まれそう 国立天文台水沢VLBI観測所の地元に「ブラックホールそば」登場

ブラックホールから噴出するジェット気流は薬味のカイワレ大根で表現する「ブラックホールそば」

 岩手県奥州市水沢の日帰り温泉「さくらの湯」の食堂に「ブラックホールそば」が登場した。入浴客もびっくりの新メニューだ。
 地元の国立天文台水沢VLBI観測所が史上初のブラックホール撮影に貢献したことに感激した従業員みんなで考案した。自社栽培のソバを使用し「そばがつゆに吸い込まれる」イメージで盛り付けた。
 ブラックホールから噴出するジェット気流は薬味のカイワレ大根で表現する凝りよう。お味は「胃袋に吸い込まれるおいしさです」。
(北上)


関連ページ: 岩手 経済

2019年06月06日木曜日


先頭に戻る