秋田のニュース

<地上イージス>防衛省調査、秋田・新屋以外の国有地などに数値ミス 標高など縮尺不正確

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を候補地とする地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、防衛省が同演習場を「適地」とした5月末公表の調査結果について、新屋以外の国有地など9カ所で数値に誤りがあったことが5日、分かった。
 報告書は不正確な数値を根拠に、新屋以外は配備に「不適」と記載。5日開かれた秋田県議会と秋田市議会の全員協議会で防衛省が誤りを報告し、陳謝した。
 調査で同省は青森、秋田、山形3県の国有地と陸自弘前演習場(弘前市)の計19カ所でレーダー波を遮蔽(しゃへい)する存在の有無を調べた。
 うち9カ所で、標高や山までの距離を踏まえた照射角度(仰角)を過大に算出。照射に影響が出るため不適と判断した。仰角を計算する際、標高と距離の縮尺の整合性を確認しなかったのが誤りの原因という。
 仰角が10度を超すとレーダーの運用に支障が出るとされる。誤りのあった9カ所は当初、15〜20度と算出していた。再計算の結果、4カ所で支障のない範囲に収まったが、インフラ面などで課題があるとした。
 防衛省の五味賢至戦略企画課長は県議会全員協議会で「人為的なミスで調査結果全体の信頼性を失墜しかねず、誠に申し訳ない」と釈明。佐竹敬久知事は「説明資料全体の信頼を著しく損ない、誠に遺憾。防衛省に改めて説明を求めたい」とのコメントを出した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年06月06日木曜日


先頭に戻る