宮城のニュース

<胎動 19宮城県議選>(5)大崎/水面下で擁立模索 栗原/旧若柳の動向焦点 登米/現新の3人が準備

 大崎選挙区(定数4)=大崎市=は、現職4人が立候補の準備を進めている。水面下で候補擁立を探る動きもあり、選挙戦の構図が固まっていない。
 自民は、現職中島源陽(56)が5選に向け、旧岩出山町を拠点に足場を固める。4選を狙う現職菊地恵一(61)は旧古川市を中心に支持基盤を強化。再選に挑む現職佐々木賢司(49)は地盤の旧三本木町で票の上積みを図る。
 共産は、前回初当選の現職内藤隆司(60)が反自民の支持層を掘り起こす。
 前回候補を立て敗れた社民は、自主投票の見込み。

 栗原選挙区(定数2)=栗原市=は、旧築館町を地盤とする現職2人が立候補を予定する。
 自民現職の長谷川敦(46)は4選を目指す。無所属現職の熊谷義彦(67)は社民推薦で5選をうかがう。毎回候補者が立つ旧若柳町で、候補擁立を模索する動きがある。

 登米選挙区(定数2)=登米市=は、自民現職の副議長只野九十九(70)が今期限りで引退する。後継として、元市議の新人伊藤吉浩(58)が自民から立候補する見通し。
 無所属現職の渡辺忠悦(69)は4選に挑む。前回落選した元参院議員秘書の新人佐々木奈津江(55)は無所属で雪辱を期す。
(敬称略)

<前回の開票結果>

◆大崎(4−6)
当 10,149 中島 源陽 自現
当  9,471 菊地 恵一 自現
当  9,102 佐々木賢司 自新
当  7,362 内藤 隆司 共新
   4,601 高橋 憲夫 無新
   4,424 菅原  厚 社新

◆栗原(2−3)
当 11,806 熊谷 義彦 無元
当 10,758 長谷川 敦 自現
  10,651 川嶋 保美 無現

◆登米(2−5)
当  9,663 渡辺 忠悦 無現
当  9,459 只野九十九 自現
   8,968 熊谷 盛広 自元
   7,588 佐々木奈津江 無新
   2,672 白鳥 昭浩 無新


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年06月07日金曜日


先頭に戻る