宮城のニュース

東北南部が梅雨入り 平年より5日早く

梅雨入りにしっとりと咲き始めたアジサイの仲間イワガラミ=7日午後4時ごろ、仙台市太白区八木山緑町

 仙台管区気象台は7日、宮城、山形、福島3県の東北南部が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より5日、昨年より3日早い。気圧の谷や東からの湿った空気の影響で今後1週間、曇りや雨が続くと予想されることから梅雨入りと判断した。
 東北南部は7日、前線や低気圧の影響で広い範囲で雨となった。8日夕まで降り続く見込み。仙台市太白区八木山緑町では、アジサイの仲間イワガラミがしっとりと雨にぬれていた。
 東北南部の平年の梅雨明けは7月25日ごろ。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月07日金曜日


先頭に戻る