宮城のニュース

<楽天>小郷アピール 初安打初打点

 大敗した東北楽天の中で、新人小郷がプロ初安打を含む3安打1打点と猛アピールした。
 先発予定だった辰己の欠場で急きょ「7番・中堅」で出場。初安打は三回だった。先発柳のチェンジアップを打ち二塁への内野安打となった。さらに六回は左中間への二塁打、八回には2番手福からプロ初打点となる適時二塁打を放った。
 4日の巨人戦では敗戦につながる走塁ミスを犯していただけに「このチャンスがラストだと思って臨んだ。きょうは貢献したかった」と雪辱した。
 初安打の記念球は岡山県倉敷市の実家に飾る予定で「1軍で結果を出して、倉敷である(18日の)阪神戦まで残って自分の手で親に渡したい」と誓った。


2019年06月08日土曜日


先頭に戻る