宮城のニュース

仙台市中総体が開幕 手話交えて選手宣誓「違い認め合い戦う」 雨で一部の競技が延期

開会式で手話を交えて選手宣誓する小原主将(中央)

 第68回仙台市中学校総合体育大会が8日に開幕し、市陸上競技場(宮城野区)の雨天走路で開会式が行われた。
 選手を代表し、宮城県聴覚支援学校陸上部の小原奏楽(そら)主将(3年)が手話を交え「来年の東京五輪・パラリンピックでは世界中の選手が国籍、文化、障害を乗り越えてフェアプレーの精神で競技する。私たちも令和の時代を築く仲間として、お互いの違いを認め合い、正々堂々と戦うことを誓う」と宣誓した。
 8日に予定されていたソフトテニスとソフトボールは雨で9日に延期された。野球は泉区のシェルコムせんだいの試合のみ実施。
 大会期間は1日延びて11日までの4日間となった。市内75校、約1万2800人が出場。県中学総体(7月21〜24日)を目指し、陸上、卓球、バレーボールなど14競技で熱戦を繰り広げる。


2019年06月08日土曜日


先頭に戻る