広域のニュース

<春季東北高校野球>青森山田終盤猛攻

 春季東北地区高校野球大会は7日、山形県野球場などで2回戦6試合があり、東北学院(宮城第3)弘前学院聖愛(青森第2)明桜(秋田第1)学法石川(福島第2)青森山田(青森第1)鶴岡東(山形第1)が勝ち、8強が出そろった。
 青森山田は9−0で盛岡四(岩手第2)に快勝した。
 第3日の8日に行われる予定だった準々決勝は雨のため9日に順延。準決勝は10日、決勝は11日に行われる。

 ▽2回戦(山形市総合SC)
青森山田(青森)
   10101033=9
   00000000=0
盛岡四(岩手)
(八回コールドゲーム)

 【評】青森山田が終盤に畳み掛けてコールド勝ちした。三回に平野のソロ本塁打で加点すると、七回にも平野が2点本塁打を放ってリードを広げた。投げては堀田、高橋が零封リレー。盛岡四は毎回のように出した走者を生かせず無得点に終わった。

<平野、初の1試合2本塁打>
 青森山田の平野が三回にソロ本塁打、七回に2点本塁打を放った。1試合2本は初めて。カットボールを左翼席へ運んだ2本目の感触に満足した様子で「ずっしりと手応えがあった」と振り返った。
 体重98キロの堂々とした体格の主砲は、唐揚げが大好物。寮の近所にある専門店でよく買って食べ、パワーを付けているという。兜森監督は「期待していた(本塁打の)おかわりを実現してくれた」と目を細めた。
 兵庫県出身だが、地元出身選手の影響で時折津軽弁が出てしまうほど溶け込んでいる。「次も勝利に貢献したい」と強打でチームを引っ張る姿勢を見せた。


2019年06月08日土曜日


先頭に戻る