広域のニュース

<春季東北高校野球>明桜競り合い制す

 春季東北地区高校野球大会は7日、山形県野球場などで2回戦6試合があり、東北学院(宮城第3)弘前学院聖愛(青森第2)明桜(秋田第1)学法石川(福島第2)青森山田(青森第1)鶴岡東(山形第1)が勝ち、8強が出そろった。
 明桜は弘前東(青森第3)に3−1で勝った。
 第3日の8日に行われる予定だった準々決勝は雨のため9日に順延。準決勝は10日、決勝は11日に行われる。

 ▽2回戦(山形県野球場)
明桜(秋田)
   100020000=3
   001000000=1
弘前東(青森)

 【評】明桜が接戦を制した。1−1の五回無死満塁から加藤の右中間を破る2点二塁打で勝ち越し。投げては風間、工藤、佐々木湧の継投で1点に抑えた。弘前東は九回に2死満塁の好機をつくるも、あと一本が出なかった。
 明桜・加藤主将(五回に勝ち越しの2点二塁打を放つ)「単打でつなぐつもりだったが、スライダーにうまく反応できた。接戦を勝てたことは次からの試合に必ず生きる」


2019年06月08日土曜日


先頭に戻る