宮城のニュース

<楽天>小郷が決勝スクイズ 先発の野手4新人、持ち味発揮

7回東北楽天1死三塁、小郷が勝ち越しの投前スクイズを決める。捕手武山(中日新聞)

 1−1の七回1死三塁。東北楽天の小郷が投前にバントを決めると、三走辰己が悠々と本塁を踏んだ。決勝のスクイズに小郷は「顔に当ててでも決めようと思った。1軍で生き残るにはバントが大切だと周りに言われていた」とほっとした様子で笑った。
 前日にプロ初安打と打点、猛打賞を記録したことで「大事な場面だったが、気持ちは楽だった」。初球をバントの構えで見逃し、相手をかく乱させる余裕も見せた。「サインがいつ出てもいいように頭を整理して打席に入ったのが良かった」と、2ボール1ストライクからの殊勲打を喜んだ。
 この回、先頭辰己の二塁打が大きかった。攻撃が始まる前、辰己は小郷に「俺は出る」と語っていた。「(約束していた通り)何とか勝ち越せて良かった」と語る小郷に対し、同期の辰己は「素晴らしいスクイズで自分は走るだけだった。今後も切磋琢磨(せっさたくま)して、チームを盛り上げたい」と強調した。
 この日は先発の野手8人中4人がルーキーだった。捕手太田は先発岸を好リードし、2番渡辺佳も犠打を決め、それぞれが持ち味を発揮した。平石監督は「チーム状況はいいとは言えないが、新人がはつらつとグラウンドで暴れ回る姿が出ればチームは活気づく。いい働きをしてくれた」と目を細めた。
(狭間優作)


2019年06月09日日曜日


先頭に戻る