秋田のニュース

<地上イージス>秋田の数値ミス、断面図作製に「グーグルアース」使用 定規で山の仰角算出

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の防衛省による適地調査を巡り、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場以外の国有地での調査結果に数値ミスが見つかった問題で、同省の五味賢至戦略企画課長は8日、距離と標高の縮尺が異なる断面図を定規で測って山の仰角を算出していたことを明らかにした。
 5月末公表の調査結果報告書は、近くにある山がレーダー波を阻害するとして青森、秋田、山形3県の9カ所を配備に「不適」としたが、今月5日に9カ所全ての仰角に誤りが発覚。全数値を下方修正した。
 断面図作製には米グーグル提供の地図サービス「グーグルアース」を使用し、その断面図から定規で標高と距離を出した。五味氏は報道陣に「(正しい)標高と距離の数値から仰角を割り出すのが普通だ」と述べ、通常と異なる手法だったことを認めた。
 8日に秋田市で開かれた住民説明会で、新屋演習場を「適地」とした調査結果については「誤りはない」と強調した。
 問題を巡り、岩屋毅防衛相は6日の衆院安全保障委員会で「調査結果全体の信頼性を失墜させかねない」と陳謝した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年06月09日日曜日


先頭に戻る